最近どうっすか?

コンピュータをメインに技術系の話題について書いていけたらいいなぁ。

デバッガのブレークポイント

今どきデバッガっていう言葉も聞かないのかな?
統合開発環境IDE)に組み込まれているので、デバッガ単体で使うことは少ないのかもしれない。

x86プロセッサの場合:
デバッガのブレークポイントは、停止したい命令を「INT 3」という命令で上書き(改変)すると「INT 3」命令によってデバッグ対象のプロセスは停止して、制御がデバッガに渡されることになる。
もちろん、上書きする前に停止する命令は別のところに保存してあるのだけど。。。

でも、最近はパイプラインとかマルチコアとかプロセッサ側の実行環境も複雑になっているのでデバッガの世界もかなり変わっているんだろうなぁ。
解説本とか探しても難しくて読めないかも。

プロセッサのデバッグ支援機能とかの資料を読むといいのかな?
難しいかもだけど読んでみたい。

ではでは。