最近どうっすか?

コンピュータをメインに技術系の話題について書いていけたらいいなぁ。

systemdとは

fedora 20を使い初めてこれまでのLinuxとの違いに戸惑ったりしています。

chkconfigも時代遅れみたい。

実際chkconfigコマンドを実行すると

 $ chkconfig --list

 

注記: この出力は SysV サービスのみであり、ネイティブな systemd のサービスは含まれていません。

      systemd services. SysV 設定のデータはネイティブな systemd の設定によって上書きされます。

      systemd サービスを一覧表示するには 'systemctl list-unit-files' を使用してください。

      特定のターゲットにおいて有効化されているサービスを確認するには、

      'systemctl list-dependencies [target]' 。

こんな感じになる。

systemdっていうのができたんだな。と思いsystemdを調べよう。

まずは、man systemdだな。

$ man systemd | head -20

SYSTEMD(1)                          systemd                         SYSTEMD(1)

 

NAME

       systemd, init - systemd system and service manager

 

SYNOPSIS

       systemd [OPTIONS...]

 

      init [OPTIONS...] {COMMAND}

 

DESCRIPTION

       systemd is a system and service manager for Linux operating systems.

       When run as first process on boot (as PID 1), it acts as init system

       that brings up and maintains userspace services.

 

       For compatibility with SysV, if systemd is called as init and a PID

       that is not 1, it will execute telinit and pass all command line

       arguments unmodified. That means init and telinit are mostly equivalent

???

systemdってinitなの?

initプロセスって無いの?

$ ps ax |head

  PID TTY      STAT   TIME COMMAND

    1 ?        Ss     0:02 /usr/lib/systemd/systemd --switched-root --system --deserialize 22

    2 ?        S      0:00 [kthreadd]

    3 ?        S      0:00 [ksoftirqd/0]

    5 ?        S<     0:00 [kworker/0:0H]

    7 ?        S      0:05 [rcu_sched]

    8 ?        S      0:00 [rcu_bh]

    9 ?        S      0:00 [migration/0]

   10 ?        S      0:00 [watchdog/0]

   11 ?        S      0:00 [watchdog/1]

あ、本当に無いや。

いろいろ見てみたらfedoraは15以降はsystemdになっているらしい。

CentOS 5はPID 1番はinitプロセスでした。

今度、CentOS 6をさわれるから確認しよう。

 

しばらくはsystemdの勉強だな。

 

ではでは。